赤い羽根共同募金

歳末たすけあい募金へ

赤い羽根募金は、「じぶんの町を良くするしくみ。」です。

共同募金運動は、戦後間もない昭和22(1947)年に、「国民たすけあい運動」として始まりました。当初は、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。 社会の変化のなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を支援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として取り組まれ、平成28(2016)年に創設70周年を迎えた歴史があります。 共同募金のシンボル=「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。「赤い羽根」には「たすけあい」「思いやり」「しあわせ」の意味が込められています。

(兵庫県共同募金会HPより抜粋)

赤い羽根共同募金の仕組み

赤い羽根共同募金は助成額を決めてから募金(寄付)を集める仕組みとなっています。
地域ごとの使い道や集める額を事前に定めて、募金を募る仕組みです。
これを「計画募金」と呼び、「助成計画」を明確にすることにより、皆さまのご理解・ご協力をお願いしています。またこの「助成計画」があるからこそ、1世帯当たりの目安額などを定めて募金を集めることができます。

三木市の方に喜ばれる共同募金でありたいと考えています。

11

赤い羽根共同募金の使い道

  • 地域で集めた募金は、集めた地域で使われています。
    三木市の場合・・・
    集まった募金の約80%が三木市の福祉活動に活用されています。残りの20%は、三木市を超えた広域的な課題を解決するための活動に、兵庫県の範囲内で使われています。
  • 災害にも共同募金は使われています。
    大規模な災害が起こった際のそなえとして、各都道府県の共同募金会では、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、大規模災害が起こった際に、災害ボランティア活動支援など、被災地を応援するために使われています。

今年度の三木市での使い道(PDF:117KB)

共同募金への参加

10月1日から12月31日までを運動期間としています。

自治会、民生委員・児童委員協議会、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、各団体、企業、店舗等皆さまのご協力により様々な募金運動が展開されています。

11

募金募集チラシ(PDF:1,699KB)

報告

募金結果報告(PDF:96.5KB)