地域活動支援

ふれあいサロン活動への支援

○ふれあいサロンを始めてみませんか?

ふれあいサロンとは、地域の皆さんが運営する、皆さんが主役の、仲間づくり・居場所づくり・生きがいづくりのための活動です。
現在、市内には96ヵ所以上のふれあいサロンがあり、お茶を飲みながらおしゃべりをしたりを中心に、ボランティアによるマジック、演奏など、多種多様な活動を楽しんでいます。
三木市社会福祉協議会では、ふれあいサロンをとおして地域の中で人と人との輪が広がることにより、誰もが安心して暮らせる地域づくりを目指しています。

○ふれあいサロンの目的とは?

「孤立」が社会的に問題になっています。
一人暮らしの高齢者、日中一人でおられる方などにとってはいざという時に頼りになる人の存在など、精神的な支えが地域にあることで、日々安心して暮らすことができます。
また、子育てをする世代にとっても、孤立は無関係ではありません。日中一人で子育てをするストレスの予防の観点からも、同じような環境にある方々とつながれる場所を必要としています。
地域住民同士がつながることによって、お互いに支えあい助け合う地域づくりをはじめ災害時にも備えた住民のつながりが構築されていきます。ふれあいサロンは、人がつながりあえる場のきっかけづくりとなることを目的としています。

○ふれあいサロンへの支援とは?

三木市社会福祉協議会では、開設条件を満たしたふれあいサロンには立ち上げの資金支援、運営資金支援を行っております。また、資金支援条件に満たしていないふれあいサロンに対しても研修等の支援も行っております。

【 補助額 】

◇新規開設補助金(初年度のみ) 20,000円
◇年間運営補助金 12,000円 (年度途中からの場合は開設月数×1,000円)

■ 立ち上げまでの支援

  • 運営スタッフの募集チラシをはじめ、開設案内ちらしの作成
  • 他のサロンの見学調整
  • 自治会、地域の集会等でふれあいサロン活動についての出前説明

■ 立ち上げ後の支援

  • DVDの貸出
  • 研修会の開催と案内
  • 各種補助金等の案内
  • 出前講座等の案内

子ども会応援プロジェクト

○子ども会応援プロジェクトとは?

子どもの健全育成を目的に異年齢の子ども達が集まり、つながる地縁組織「子ども会」活動が継続した取り組みが展開できるよう、子ども会の役員の方々を応援するプログラムです。

○あそびの企画クリエーター派遣事業とは?

あそびの企画クリエーターを子ども会役員会に派遣し、活動の企画づくりをアドバイスしたり、子ども会活動日に派遣し、こどもたちを対象にレクリエーション指導を行う事業です。

■ 派遣項目と内容

« A » (派遣項目) 企画づくり応援
(派遣内容) 子ども会役員会等にアドザイザーとして参加し、子ども会活動の企画づくりを応援します。
« B » (派遣項目) 遊びの出前応援
(派遣内容) 子ども会活動で希望に沿ったレクリエーション指導等を行う人材を派遣します。

■ 派遣に要する経費負担

◇クリエーター派遣のための交通費 3,000円 (1回)
◇材料費等  

自治会、地域での防災・減災活動(訓練)への支援

自治会、地区で取り組む防災・減災活動に対し、次の視点において活動支援を行います。

  • 災害時、一人も見逃さない地域による安否確認体制・支援体制の構築
  • 防災・減災に向けた住民参加型の取り組みの提案
  • 防災・減災を個人や家庭の日々の生活習慣の中に組み込む「生活防災」に関する学習

(注) 年間に支援できる件数は3件としています。

【 モデル訓練 】

  • 防災マップづくり
  • 避難所運営訓練
  • 地域事情に応じた災害時にも活かされる日頃から地域福祉活動の開発と基盤づくり  など

【 支援内容 】

  • 活動企画から実施までのファシリテート
  • 「(仮称)地域防災を考える視点マニュアル」も含めた地域防災活動が進む資料提供
  • 災害時にも強い地域コミュニティづくりにむけた活動の開発と基盤整備     など

お問い合わせ

ボランタリー活動プラザみき

〒673-0403
三木市末広1-6-46(市民活動センター内)
0794-83-0090 0794-82-6666

【 業務時間 】
月曜日から土曜日(祝日、12月29日から1月3日を除く) 午前8時30分から午後5時15分まで