権利擁護デスク

三木市社会福祉協議会では、高齢者・障がい者の権利擁護に関する支援の必要性の高まりに対応していくため、「権利擁護デスク」を設置しています。

日常生活自立支援事業 (兵庫県社協委託事業)

日常の判断や金銭管理に不安を抱える高齢者・障がい者の方を対象に、福祉サービスの利用支援や金銭管理支援、通帳印鑑の預かりサービスを行います。

○こんなときにご利用ください

福祉サービスを利用したいけれど、手続きがわからない
福祉サービス利用料、公共料金、家賃等の支払いができない
通帳や印鑑などの重要物の保管が心配である

○利用できる方

認知症や判断能力に不安のある高齢者、知的障がい者、精神障がい者

○利用できるサービス
1. 福祉サービスの利用援助
福祉サービスを利用、または利用をやめるために必要な手続き
福祉サービスの利用料を支払う手続き
2. 日常的な金銭管理サービス
税金、社会保険料、公共料金、医療費、家賃などの支払い手続き
日常生活に必要な預金の払い戻し、預け入れなどの手続き
3. 書類等の預かりサービス
預貯金の通帳、印鑑、公的書類などを預かります (一部預かれないものもあります)

※ 1を基本に2、3のサービスをご利用いただけます。

お問い合わせ先地図案内

地域生活支援課 権利擁護デスク

〒673-0413
三木市大塚1丁目6番40号(総合保健福祉センター内)
0794-86-0889 0794-86-0860

【 業務時間 】
 月曜日から金曜日(祝日、12月29日から1月3日を除く) 午前8時30分から午後5時15分まで